色々やって半世紀(反省期)

チェンソー、DIY、車、薪集め、温泉など情報ブログ

チェンソー

【2008購入】ハスクバーナ 357XP【オーバーホール修理】

投稿日:2019年6月12日 更新日:

新品購入してから余り使っていない、ハスクバーナ357XPですが、11年経つのでバラしてみます。

この機械買った当時チェンソーは、3645ccが普通で、346newEditionが出て、それを購入してから、全くと言っていい程使っていませんでした。

買ってすぐ、オイルポンプに砂齧ってウォームギア損傷とオイルポンプ交換以外トラブルは無く、オイル漏れも出ず。

さて、どんな部分が劣化してるでしょうか?

参考文献 英語ですが、ここでDL出来ます。
ハスクバーナ manuals-downloads

分解は、基本346XPと同じ

まずはシュラウド開けて、キャブのスロットルロッドを外そうとしたら、早速、一番最初に外す、ベローズ切れてました。Part Number:537146501

イグニッションモジュール

スターターカバー外すと、プラグコード減ってるし、振動でカバーに当たってる様で、交換するほどでもないので。画面下のスポンジを付けて当たりをスポンジで受ける様に接着。Part Number:544047001

Fuel Hose

これはお約束346と同じ、ここも振動擦れで、左がFuel HosePart Number: 503400602

550XPと同じ構造で、ベントアウトがエアクリーナーに接続されている!!

しかし、起動は全く問題なし。これも現状わざわざ交換するほどでもない。折れて曲がった跡がついているだけ。

Part Number: 581756202

10年来の垢を落とし、掃除すればトラブル防げるし構造もよくわかる。

スターター側

フライホイルを外す、プリー外しを引っ掛けてエアインパクトでダダダとやると簡単に抜ける。

スパナ回しだと、ズレて来るし面倒。清掃は、創業以来継ぎ足しのタレに温浴、軽くこすれば綺麗サッパリ。

このフライホイル、外すとセンターがズレて・・・・だとすれば、フィンのバリ毎に、バランスを取っていて、クランク軸とのバランスが云々。真鍮埋け込んで、切り欠き作って合わせている方を信頼し、それほどのエンジンでは無いのでご心配なく。

しかし、ゴミ付いて組むのは論外パーツクリーナーで奇麗にしましょう。

 

クラッチ側

クラッチ軸のベアリング点検、グリスアップ。

レフトハンドル外しておくと清掃しやすい。裏側は木屑だらけ、グロイ画像なので自主規制します。勿論、クラッチ外し、プレート取って、グロイの取ってこれも、たれで温浴。

ヤニっぽいの付くけどそれが綺麗に落ちるので病みつきです。

秘伝のタレはコチラです。基本継ぎ足しています、汚いもの洗うので(笑)

アルミは6時間煮込みが基本だった様な、4Lオイル缶切ってコンロに載せて使用してます。奇麗になりますよ

クランクケース下

これも、内子が一杯。これは温浴面倒なので、プラナイフとコンプレサーとウエスで

そして

シリンダ内部凄いことになってます、

見えますか?

奥に見えるは

クロスハッチ、みなしごハッチ(知らないな)

ササット組んで

ハイ、ショーケースコンディション

357XP GREAT Experience

357XPは使い易いマシンなんだよね、パワーバランスが良い。スモールマウントで一番デカい排気量。

やはり最近のマシンですかね?

これもマークツーなるモノが出て旧式になってしまいました、コレは不遇のマシンなんでしょうか?357XPより更に使ってません。

腰痛にて薪集め断念していた時期の前に買ったので、馴らし終わった程度です。次はコレをバラしてネタにしましょうか?

いつも何使ってるかって?それは346XPの継ぎ接ぎ品、心置きなく使えます。

-チェンソー

執筆者:


  1. くまはち より:

    もうちょっと使い込まないとですね♪w

    • exprius より:

      代わりのブツが有るとトコトン使うんですよ、綺麗なのはどうしてもそのまんま(笑)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

エンジンがかからないチェンソーは、これで解決

さぁ、そろそろ紅葉~落葉の時期、お約束の伐採時期。薪ゲットのチャンスです。 しかし、いざ原木頂き~~と思いきやエンジン掛からないんじゃ、ブログのネタには成りますが、原木持って帰れず。 準備不足で故障じ …

チェンソー混合燃料のオイルと添加剤が、チェンソーの寿命を左右する

チェンソーや刈払機(草刈り機)を使用していて、煙が凄く目が痛い、エンジンの掛かりが悪い、マフラーからオイルが出ていたり、なんてことありませんか? ほぼ、混合ガソリンの間違った使い方で起っているのです。 …

【長期保管前後】チェンソーの手入れ方法と注意点【メンテナンス】

チェーンソーをしばらく使わない時は、ガソリンタンクとキャブ、チェンオイルタンクを空にして、来シーズンエンジン始動一発。 エアフィルターからクラッチ&ブレーキ図解コツ説明、よく使う汚れ落としケミカル類、 …

【イラスト付き】チェンオイルが出ない原因と修理【ココをチェック】

木を切っていて、チェンソーの刃やドライブリンクなどに、茶っぽい木屑が飴のようにこびり付き、徐々に切れなくなってくる。 放っておいてはいけません。熱でバーや、刃がダメージを受けます。 そういう時はチェン …

【安定しない】チェンソーアイドリングと、キャブレター調整はこの位置【加速】

チェンソーでアイドリングが安定しない、吹かすと止まるなどの症状がでたら、不調の合図。チェンソーが何か訴えかけてきてるはずです。 その時、一番に触るのがキャブレター、燃料供給装置だと思います。その調整や …

スポンサードリンク

ブログ内検索

テキスト

人気記事になります

バリュコマーズ